自己紹介について

面接でよく聞かれるのが「自己紹介」ですが、覚えておいたことを言えるのは名前、学校、学部、学科までじゃないでしょうか。

そのあとは、得意なことや、今までどんなことをしてきたかを話すことになるでしょう。しかし自己PRになってはいけないのです。あくまでも「何々をした結果こうなりました」という事実のみ伝えるだけでいいのです。

面接官はそのあと、自己紹介からその話題に触れてきます。また、面接官が詳しく聞きたいと思わせるような自己紹介をしないといけないです。それによって、話をスムーズに進めることができます。

自己紹介の内容はどんなのがいいの?

面接官は応募者の第一印象、コミュニケーション能力、経験、自社で活かせる人材かどうかを自己紹介で判断しようとします。

「自己紹介をお願いします」と言われたら、1分ほどで名前、学校、学部、学科、職歴を話します。ここで趣味などを語るのはNGです。詳細な経歴や特技は面接中の会話の中に盛り込んで行く方がいいでしょう。

自己紹介の時は、よっぽどのことがない限り、面接官が口を挟むことはありません。履歴書に書かれていないことを話してしまうと、面接官に事実確認として突っ込まれることもあります。書落としがあって、それを面接で説明しても、 履歴書に不備があったということで、面接官への印象が悪くなります。

自己紹介で人間性・性格が伝わります。

大学の就活、高校の就活、転職の就活、ほとんどの場合、面接があります。筆記試験も大事ですが、その人自身を見るには面接が大事です。企業内での人間関係がうまくいくかどうかはとても大切な要素です。

社員同志、お客様などいろいろな場面で人と上手に関われる人かどうかを面接時にチェックされるわけです。

いくらパリッとスーツで身を固め、髪型も地味にして面接に望んだとしても、話をすればすぐにその人の人間性がわかります。面接官もプロですから、良い人材を入社させないといけません。

自己紹介の大事なポイント

面接に自己紹介があるのはなんのためか考えたことはあるでしょうか?履歴書に書いていることをわざわざ話す必要はあるのでしょうか?

確かに面接官は履歴書やエントリーシートを見て質問をします。履歴書に書かれている事柄を話す応募者の仕草や話し方からその人柄を判断しようとしています。

自己紹介がうまくできなくても不採用になることはありませんが、最初の自己紹介がうまくいくとその後の話もスムーズに進みますね。

おすすめリンク

受付 求人 大阪